50歳代や60歳代でも幸福な家庭へ
愛するから何人でも産むの
愛する旦那さんを支える
共に生きる奥さん

日本での生活

日本での生活は、言葉が意思疎通の障壁になっていますが、その問題もおよそ1年ぐらいで解消をしているのが多くの場合で明らかです。週末には小旅行や、買い物や、共通のスポーツ等夫婦で共有な行事を設けてください。女性は、不安感や恐怖心等が解消できるどころか大きな安心感につながります。産まれてくる子どもの為に様々な準備をすることも彼女を安心させるのに役立ちます。もともと、フイリッピンでは、貧しい暮らしをしていたのだから気持ちを伝えるだけでもいいのです。

サンプル

サンプル

手を取り合って生きる。

彼女は、小さい時から聖書を学んできたクリスチャンです。ですから、その良識は、我々日本人と同じ感覚です。意志は、英語で片言で教えつつ日本語も教えてあげましょう。互いに意志を確認するなど手を繋ぐとか軽いキスをするとか愛しているとの動作を入れることが良いと思います。必ず1週間には数日互いにスポーツとか会食とか様々な場面で夫婦で夫婦共通な事柄等工夫して入れていきましょう。子どもが産まれたときは、育児も任せきりにしないで手伝うことも円満につながります。日本の教会に連れていけば凄く喜びます。

サンプル

愛する家族とともに

愛の中でも神様の愛は、アガペーという自己犠牲愛です。そうでなくても、家族愛は、自己同様に相手の女性や子どもを大事にして見守り育てることでしょうか。結婚とは、そもそもそのような契約です。家族と共に生きている充実感と喜びがある結婚生活を夢見てフイリッピンから日本に来た女性にとって一緒に旦那さんと行動することが喜びとなっています。互いが共通でできるスポーツや趣味などを取り入れましょう。料理教室を学ぶことでも良いのです。

ACCESS

国際結婚を叶えるプリティーガールズは丁寧に対応しています

フィリピン人との国際結婚を叶えるプリティーガールズは、お電話にてお申し込みを受け付けているほか、当社についてのご質問等はお気軽にお問い合わせください。電話代は、無料です。詳しく説明します。 当社では、埼玉県さいたま市近隣では、面談にてお話をお聞きしています。良質な国際結婚をお考えの方は、当社をご検討ください。最後に、ピーナちゃん達の要望に応えて、2019年6月から紹介者お礼制度を設けました。当社で結婚する男性を紹介した方全員に、20万円をお礼として差し上げております。詳しくは、お電話でお尋ねください。
プリティーガールズ写真
プリティーガールズ プリティーガールズ
住所 埼玉県さいたま市西区
電話番号 0120-552-837
営業時間 8:00~24:00
定休日 年中無休
最寄駅 指扇駅
担当者 髙田 雅之
お気軽にお電話ください
0120-552-837 0120-552-837
8:00~24:00
埼玉県さいたま市西区

困った時は、優しく抱いて

愛情を言葉で表すよりも、体で表現することもよくある事です。日本語が難しくて困った時も優しく抱いてあげることで、解決できることがあります。また、早口で分からないことをいうとパニックになって互いに良いことにはなりません。それこそ、「互いに解決できるように神様に祈りましょう。」ということが解決になるし、安心感にもつながります。愛情とは、奥さんを言い負かすことではありません。辛いことや悲しいことを聴いて、しかも受け止めてあげることです。このことが、貴方の困った時も、聴いてくれて彼女も受け止めてくれます。それが、人間の結婚した成熟した夫婦なのです。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。